女性ホルモンの減少によって太る

LINEで送る
Pocket

若い時はたくさん食べたとしても体重が増えなかったにもかかわらず、更年期に入るとたくさん食べたらすぐに体重が増えてしまうという悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。更年期に入ると体重を維持するのに苦労します。若いころと体重が変わらないにもかかわらず、肉のつく場所が違ったりもします。

中年太りという言葉があるように、更年期は太りやすくやせにくい時期です。その要因は女性ホルモンの減少にあります。女性ホルモンは内臓脂肪が付きにくくしたり、代謝を促進する効果がありますが、更年期に入って女性ホルモンが減少すると、体に脂肪が付きやすくなります。

女性であれば若いころであれば皮下脂肪の割合が多いですが、更年期になると内臓に脂肪がつくことが多くなります。

筋肉の低下によって基礎代謝も低下する

更年期になると体力が無くなってくるわけですが、その要因となっているのは筋肉の低下です。筋肉が低下すると基礎代謝量が高くなりませんので、脂肪を燃焼しづらい体になります。若いころであればすぐに体重が戻ったのに、更年期になると全然体重が戻らないというのはこういう理由があるからです。ジムなどに行って筋肉をつけると代謝量が高くなり、脂肪が燃焼しやすくなります。

食事を抜くダイエットは辞めよう

更年期に入ると太りやすくなるという事実は否めないですが、それだからと言って食事量を制限してダイエットをするというのはやめた方がいいです。食事量を制限しますので一時的には成功する可能性は高くなりますが、それをずっとし続けることは非常に難しく、リバウンドする人が多数です。

LINEで送る
Pocket