30代から40代前半にかけてプレ更年期になる人が増えている

LINEで送る
Pocket

30代から40代前半の女性がプレ更年期と言って更年期と同じような症状を訴える人が増えてきています。プレ更年期とはどういうものか、その原因は何か、それを防ぐためにどうすればいいのかについて詳しく説明していきます。これを読んでプレ更年期だと言うのであれば、何らかの対処を行ったほうがいいでしょう。

プレ更年期とは何か?

更年期というのは閉経を挟んだ10年間ぐらいの期間のことを言い、一般的には40代後半から50代前半ぐらいの時期を指します。この時期に何らかの不調を訴える人が多く、特に症状がひどい場合に更年期障害と呼ばれます。

最近では30代後半から40代前半の女性であっても更年期に起こる症状に悩んでいる人が増えてきています。こういう場合をプレ更年期と呼ばれます。これくらいの年齢で生理の周期が乱れてきたというのであれば、プレ更年期のサインでもあります。

プレ更年期の原因は?

プレ更年期の原因は更年期に見られる閉経に伴う卵巣機能の低下ではなく、ストレスが原因となって卵巣機能が低下してしまうことになります。いわば、自律神経失調症のような感じになります。自律神経は体の期間の働きをコントロールする働きをしていますが、これが働かないとなるとホルモンの分泌量が低下して体調が不安定になります。体調が不安定になって更年期に起こる症状が表れてきます。

プレ更年期を防ぐためには?

プレ更年期を抱えている女性が増えているのは社会進出の発展と決して無縁なことではありません。それに伴って心身ともに負担がかかっているケースが増えてきています。

若いころは暴飲暴食や睡眠不足、無理なダイエットをしたとしても回復が早いのでまだ大丈夫なのですが、そのままの生活を過ごしていると更年期になって困ったことになりますし、それよりも早い時期にプレ更年期にかかったりします。若い時からバランスのとれた食生活を心掛け、規則正しいライフスタイルを送り、適度に運動を取り入れ、ストレスを溜めない生活を送るようにしましょう。

更年期にセックスを行う際の注意点

更年期に起こる症状に悩んでいる女性は多いです。その中でもセックスレスに悩んでいるという人もいるでしょう。セックスを行うと心身ともに老化を防ぐのに役に立ちますし、生殖機能の衰えを防ぐことになります。ここでは更年期とセックスという話題で性交渉を行う際のポイントについて紹介しています。

更年期はセックスレスが起こりやすい

若いころに比べると年を重ねていくとセックスの回数が減っていきます。仕事が忙しいとか育児が忙しいなどの外的な要因で減ってしまうのと同時に更年期に起こる内的な要因で減っていきます。更年期に入ると性的な興奮を得られても、膣分泌液が十分に分泌されないのと性交痛という痛みが起きます。これらの外的な要因と内的な要因によってセックスレスになっていきます。

スローセックスを行うことで性交渉を気持ちよくする

更年期は心身ともにスッキリしないですし、気持ちが落ち込んでしまいますので、こういう時に夫婦でセックスを行うのが一番いいです。ただ、普通にセックスを行うのであれば、女性の体の負担が重いので、女性に気遣う必要があります。

女性に気遣うセックスとしてスローセックスを行うことを推奨します。それはとにかく頑張りすぎずに時間を掛けてゆっくりとお互いが気持ちよくなることです。挿入するのであればローションでサポートしてもらうのもいいですし、バイブを使ってもいいです。膣に挿入するだけがセックスではなく、他に共感を感じあえるところで感じあえばそれでいいです。とにかくお互いが気持ちよくなることを重要視してください。

性交渉がつらいのであれば男性に相談してみる

セックスのことはなかなか相談しづらい所がありますが、それでも男性に相談をして理解をしてもらいましょう。閉経後であっても適度にセックスする機会はあったほうがいいと言われています。もし痛いのであれば、ホルモン補充療法などを利用して痛みを軽減して、セックスを楽しめれば老化を防ぐことにつながります。

更年期を怖がる必要はないので安心してください

更年期を迎えるとなんか沈んでしまう気持ちになることがあります。特に更年期障害という言葉を聞くとなおさらそういう気持ちになるかもしれません。しかし、更年期障害は決して恐がる必要はありませんし、自分のできる範囲で楽しく過ごせるようにライフスタイルを工夫してみるといいのではないでしょうか。そういう方法について紹介します。

更年期障害は病気ではない

更年期を迎えると何らかの不調が起こるという風に思っている人も多いでしょう。特に更年期障害という言葉を見るととくにつらいという気持ちがあるでしょう。しかし、更年期障害は病気ではありませんし、恐れる必要が無いものです。確かに、重い症状に悩んでいる人はいるでしょうけど、ずっとそういう状態が続くというわけではなく、きちんと治療を受ければ症状は次第に和らいでいきます。

更年期並びに更年期障害について正しい知識をあらかじめ持っていれば、ついに私にもこういう症状が来たなという気持ちの余裕が生まれてきます。正しい知識があれば決してうろたえることなく冷静に対処すればいいのです。冷静に対処して更年期を楽しく過ごすためにはどうすればいいのかということを考えた方が自分の身のためにもなるのです。

できる範囲でライフスタイルを工夫する

更年期を迎えたのであれば、自分ができる範囲でライフスタイルを見直してみましょう。食事や運動、家族、趣味などをうまい具合に利用した上で楽しく過ごせるようにすればいいです。いろいろと自分なりに試して見て適切な過ごし方を開発するといいでしょう。いろいろと考えることがありますので、前向きに過ごせるようになると更年期を過ぎた後にも役に立ちます。

症状の程度というのは個人差がありますので、症状がつらくなったのであれば、病院に行くなどして対処しましょう。更年期をきちんとケアをしながら過ごしていると、年を重ねた後に寝たきりになる可能性が低いというデータもありますので、この機会を大切にしてください。

男女が協力して更年期を乗り切るようにする

ここでは更年期に対して男女に共通して取り組むべきテーマとしては、高齢出産及び育児のことと、ストレスについて取り上げています。高齢出産は女性にとっても不安なことが多いですので、パートナーになるべき男性もそれを把握します。ストレスは男女とも更年期障害をひどくする要因の一つですので気をつけましょう。

高齢出産は男女が協力して立ち向かうべき

35歳頃から女性ホルモンが減少していきますが、まだ更年期に差し掛かっていないので、妊娠をしようと思えば十分に可能です。更年期に差し掛かると生理があるのであれば、妊娠する可能性はありますが、その確率は低くなります。更年期に入りますとお金はそれなりにあるでしょうから、その問題で出産できないということは少ないはずです。

妊娠をする最後のチャンスと言ってもいいでしょうが、若い世代と違ってダウン症などのリスクがありますので、夫婦でよく話し合って出産するかどうかを決めたほうがいいです。確かに医療技術が向上していますし、サポート体制が整いつつありますので、高齢出産をする割合が増えていますが、若い時とは体力がかなり違うということを認識したほうがいいです。出産しても育児が待っていますので、夫婦で協力しながら行いましょう。

更年期障害はストレスによって起こる

更年期障害は女性だけだと思っているかもしれませんが、実は男性にもそういう現象が起こることが分かってきています。うつ病だと思って心療内科に通ったわけですが、一向に改善しないので、病院を変えてみて検査をしたら更年期障害が発覚したというのは男女ともにありがちな例です。

男性も女性も性別ホルモンの減少によって起こるのですが、過労やストレスがそれを促進させていることがあります。ストレスはあらゆる病気の引き金になっていますので、ストレスを溜めこまないことは更年期障害を悪化させないためにも必要です。ストレスを溜めこまないためには、適度に休養を取ったり、友人と他愛ないおしゃべりをしたり、運動をしたりするといいでしょう。

日常生活で少し心がけることによって行える更年期障害の予防法

更年期は女性ならば誰しも経験する時期です。更年期の症状を何とも思わないと感じるか、とても重く感じるかというのは人によって違ってきます。誰しも更年期の症状を軽くしたいという風に思っているはずです。更年期の症状の中でも症状が重い更年期障害を防ぐために、日常生活で心がけることについて3つほど紹介します。

姿勢をきれいに保つように心がける

正しい姿勢で過ごすというのは更年期でなくても意外と難しいです。街中でスマートフォンをしている人や猫背で歩いている人というのは肩を丸めて下を向いていることが多いですので、決して良い姿勢ではありません。無意識のうちに悪い姿勢になっていますので、意識して正しい姿勢を保つように心がけないといけません。

正しい姿勢を保つことで、背骨を支える筋肉が鍛えられるだけでなく、エネルギーの代謝を高めて健康的な体にすると共に更年期障害の予防にもなります。

自分がベストだと思う睡眠時間を確保する

更年期障害を予防するためには疲れを残さないのが一番いいです。人によってベストとなる睡眠時間が違うので、一概に何時間睡眠を取ればいいということは言えません。疲れを残さないためにはきちんとベストだと思う睡眠時間を確保するようにしましょう。夜更かしの習慣があるのであれば、思いきって早寝早起きの習慣を身に付けましょう。

睡眠障害も更年期障害の一つの症状なのですが、それが続いてしまうと疲れが残って体調を崩す結果になったり、精神的にも悪くなります。なかなか寝付けないのであれば、軽い運動をして体を少し疲れさせると眠くなってきます。それでも眠れないのであれば、病院で睡眠剤を処方してもらってください。

生活のリズムを一定にする

生活リズムが乱れるのは更年期障害を悪化させる原因です。生活リズムを整えるようにしたほうが更年期障害の予防のためにもいいというのは間違いありません。生活リズムが悪いというのであれば、それを整えるように心がけましょう。

LINEで送る
Pocket